けんたのスーパーマーケット日記

お客さんに喜んでもらえれば それだけで幸せ
カテゴリ:SVの職務( 32 )
鮮魚ミーティング
鮮魚SVをしているけんたろうです
商売に関わる様々な方々と交流できたらと思います


月曜日は憂鬱な日だ 
前の週の実績について報告したり こってり絞られたりで
さすがの私も滅入る時もある



鮮魚のバイヤーとSVのミーティングのなかで
不振店について どうしたらいいか話し合った

『っていうか 主任たちが甘えているんじゃないか?』

『そうだよね 売れても売れなくても日々暮らせるもんね
 サラリーマンだから給料がでないってこともないだろうし
 そういう甘えとか 真剣さがないんじゃない?
 特に利益がとれていない店舗は』



私の地区は会社全体で言ったら苦戦している店舗を
抱えている方だから みんなの話にはなんとも言えなかった
彼らの肩を持つ訳じゃないけど 彼らは彼らなりに
やっているんだろう ただ結果がまだでていない

思ったのは 外部環境が変わったとはいえ 以前はSVが
いなくても利益は取れていた店舗もある
しかし SVができてから 言ってくれるまで動かない
っていうのもでてきたのかもしれない
そういう意味では 私もの責任があるのかもしれない

しかし 精神論で問題点が解決できるほど 簡単ではない
傾向的なデータを見て 売場を見て 問題点をみつけて
それがお店で解決できるように指導して行く
それがSVの仕事だろう 実際に14店舗を抱えていると
個店ごとに一緒になって解決するというのは時間的に難しい
自分たちで解決できるように導く それで精一杯だ


ミーティングの中で チーフバイヤーが

『結果からすると ここにいるすべての人の仕事の仕方が間違っていた
 そういう認識で意識を変えないと数字は変わらない
 それは素直に認めて改善して行こう』

異論はない 素直に認めて改善 進化させていく それが仕事だ
[PR]
by kenta824 | 2010-06-15 08:50 | SVの職務
K店リニューアルサポート 今日も
鮮魚SVをしているけんたろうです
商売に関わる様々な方々と交流できたらと思います


今日も改装店舗K店のフォロー
フォローと言っても 手を出さずに口だけ出していた
いつまでも手を出していると店舗の運営ができない
だから口だけだして 手はださない

K店は古いお店だ
店舗自体も 売場も必ずしもきれいだとは言えない
しかし お店にいらっしゃるお客様のニーズや
世帯数などにあわせたお店にリニューアル
今回鮮魚で取り組んでいるのは 鮮度をよりよくすること
時間管理とかなんとか ではなく とにかく見た目の鮮度を
あげることに力を入れている
その効果なのか 改装前と改装後では鮮魚の構成比があがった
解凍の仕方 陳列の仕方 加工の時間 在庫管理など
とにかく鮮度を良くしよう と取り組んでいる

それと家族数が多くないので食べきれる量の商品の充実
ただ量がすくなければいい というわけでもない
商品ごとに適量がある 塩鮭でも お刺身でも
とりあえずつくったけれどニーズに合っているか
試しながら探っている状態だ

もうひとつお店で取り組んでいるのはやっぱり惣菜
時間帯ごとの売場を充実させて お客様の数を増やそうという
取り組みだ しかし見ていると売場が追いついていない
パートナーさんだけでの運営なので 慣れるまでは
もう少し時間がかかるだろう

青果も精肉も惣菜も SVたちは自分の部門に関係なく
お店をもり立てようと必死だ
自分の部門だけ良ければいいというのは 長い目で見れば
お客様が離れて行くこと ということを分かっているからだ
大変そうなら惣菜の手伝いをしたり 牛乳売場の手直しをしたり
それってSVの仕事?って思うようなこともみんな必死で
取り組んでいる

古いとはいえ せっかくリニューアルして好調に推移している
このK店 なんとかみんなの力でこのまま軌道に乗せたい
[PR]
by kenta824 | 2010-05-26 23:26 | SVの職務
部長の説教と SVの責任
鮮魚SVをしているけんたろうです
商売にかかわる様々な方々と交流できたらと思います


先日の生鮮全体のミーティングで部長からお叱りを受けた
厳しい数字を受けて 部長の説教だ


『お前たちは生鮮部門のたたきあげだろ!
 お前たちはそれぞれの部門のスペシャリストだろうが
 お前たちがそんなんでどうするんだ!
 お前たちがやらないで 他に誰が出来るんだ もっとしっかりしろ!』


部長こそ 高卒で会社に入り商品部の部長になったたたきあげだ
そんな部長だからこそ その言葉には重みがある
具体的にことこまかに指示をするタイプではなく ドンと構えて
自分は動かず 部下たちの主体性を重視するタイプの部長だ
個人を責めるというよりは 奮起を促すその口調に
鮮魚のプロフェッショナルとして 責任を感じた 


話の後半では 教育について言及していた

『主任の代わりになる次の主任 自分の代わりになるSV 次のバイヤー
 それを育てて行くのも仕事だ もちろんパートさんに仕事を教えて行く
 こともだ』


鮮魚のSVになって半年が過ぎた 数字の改善は進んでいるものの
飛躍的に回復したとはまだ言えない 教育も然りだ
急ピッチで進めて行かなければならない
[PR]
by kenta824 | 2010-05-21 22:36 | SVの職務
利益がとれていない原因が分かりました!
鮮魚SVをしているけんたろうです
商売に関わる様々な方々と交流できたらと思います


今日も晴れ! というか一気に暑くなった
沿岸部は27度まであがったとニュースで言っていた
つい最近まで最高気温6度だったのに・・・
GWにあわせて咲いた桜は少しずつ葉桜になりつつあるが
まだまだ楽しめる とても気分がよい


さて 4月で利益が厳しかったので原因は何かなあと 
いろいろ売場を見ながら考えていて 
これかなあ考えながらと細かくデータを見ていたら分かりました 
原因は仕入れが多いことと 仕入れたものが売上げになっていないこと!

例えば 
1ヶ月でまぐろの仕入れが1万円だとして 
売上げが7000円にしかなっていない みたいなこと
もちろんまぐろは お刺身だけじゃなく 盛合せにも 寿司にも使うから
まぐろの仕入れ1万円に対して まぐろの売上げが7000円でも
盛合せで5000円 寿司で5000円ということもあるから一概に言えないけれど
刺身全体で見てみると利益が取れていない というのが データから分かった

こういうことを書くとふるたさんに怒られそうだけれど
発注と売れ数把握 在庫管理って 本当に大切だと思う
もちろんロットの問題 フェースの問題 展開場所とか いろいろ関連する
当たり前だけれど これができていないと利益は絶対に取れないんだよなあ

それを担当する全部のお店の 分類別に売上げと仕入れのデータから
売買差益を取ってみたら一目瞭然だった 
原因は店によって様々 だから 対策の指示も店ごとに出さなきゃ!


『こういうデータ分析をしたいので こういうシステムを入れて欲しい!』
って言いたいところだけれど 結果がでていないSVの声は
聞いてもらえないだろう  でもとりあえず 全店の原因が分かったから 
これから具体的に行動だ!

あー他の地区のSVさん ごめん 今月はなんとか挽回するから許してくれぃ
オレが鮮魚全体の足を引っ張っていると思うと・・・
でも めげずに頑張ろっと


PS てっちゃんおすすめの『日本スーパーマーケット創論』も
昨日紹介した『もしドラ』も面白いです よかったらどうぞ
[PR]
by kenta824 | 2010-05-03 23:01 | SVの職務
チャンスを逃すな! 貪欲に売り込め!
鮮魚SVをしているけんたろうです
商売にかかわる様々な方々と交流できたらと思っています


やっと少しだけ暖かくなった 天気も晴れた
これなら桜も咲くだろう


少し前の寒い時期に売れたのは『たら』だった
三陸や北海道でたらの相場が下がった瞬間が何度かあったから
その時に反応して売り込んだ時には良く売れていた
たらはこれからもフライやムニエルでも売れるから
チャンスはあるだろう

クリスマスに売り込んだ『グラタン』も良く売れた
在庫処分なのか メーカーも価格条件を出してきたので
クリスマスの半値の価格で売っても 値入れが40%
その情報に敏感に反応したお店では20日で20万近い売上げを
つくっていた てっちゃんのブログじゃないけれど
魚屋の商品かという人もいるかも知れないが こんなに
売れて儲かる商品はめったにない

今時期で狙い目の商品は 近海本マグロも 生かつおもでてきた関係で
相場がさがっている『生尾長まぐろ』
冬が旬の魚のイメージだけれど身質もよく 刺身やサラダでも
おいしいまぐろだ これも売れば売る程儲かる商品
丸のまぐろから ブロックや柵 切落しや中落ちなど 
きちんと商品化すれば かなり売れるし かなりの利益になる
しかし貪欲にやっているお店と そうでないお店の気温差が大きい


売場の差と言うか 数字の差は どこまで貪欲に売り込むかと
いう意思の大きさの違いだ 口を開けば愚痴しか出て来ない者も
いれば ルール通りではないけれどこうした方が数字をつくれるからと
直談判してくる者まで様々
難しいのは どうやって店の意思で発注数量を増やして
大胆に売り込むように仕向けるか! 
主任個々では伸びているもの 成長しているものもいれば

停滞しているもの 落ち込んだままのものも
地区で売上げ前年を超えている店舗は数店舗あるけれど
組織としてはまだまだだなあ 
それはSVの力が足りないからだろう 
自分の未熟さを感じてしまう今日この頃だ
[PR]
by kenta824 | 2010-04-25 23:18 | SVの職務
チャンスを逃すな! 貪欲に売り込め!
鮮魚SVをしているけんたろうです
商売にかかわる様々な方々と交流できたらと思っています


やっと少しだけ暖かくなった 天気も晴れた
これなら桜も咲くだろう


少し前の寒い時期に売れたのは『たら』だった
三陸や北海道でたらの相場が下がった瞬間が何度かあったから
その時に反応して売り込んだ時には良く売れていた
たらはこれからもフライやムニエルでも売れるから
チャンスはあるだろう

クリスマスに売り込んだ『グラタン』も良く売れた
在庫処分なのか メーカーも価格条件を出してきたので
クリスマスの半値の価格で売っても 値入れが40%
その情報に敏感に反応したお店では20日で20万近い売上げを
つくっていた てっちゃんのブログじゃないけれど
魚屋の商品かという人もいるかも知れないが こんなに
売れて儲かる商品はめったにない

今時期で狙い目の商品は 近海本マグロも 生かつおもでてきた関係で
相場がさがっている『生尾長まぐろ』
冬が旬の魚のイメージだけれど身質もよく 刺身やサラダでも
おいしいまぐろだ これも売れば売る程儲かる商品
丸のまぐろから ブロックや柵 切落しや中落ちなど 
きちんと商品化すれば かなり売れるし かなりの利益になる
しかし貪欲にやっているお店と そうでないお店の気温差が大きい


売場の差と言うか 数字の差は どこまで貪欲に売り込むかと
いう意思の大きさの違いだ 口を開けば愚痴しか出て来ない者も
いれば ルール通りではないけれどこうした方が数字をつくれるからと
直談判してくる者まで様々
難しいのは どうやって店の意思で発注数量を増やして
大胆に売り込むように仕向けるか! 
主任個々では伸びているもの 成長しているものもいれば

停滞しているもの 落ち込んだままのものも
地区で売上げ前年を超えている店舗は数店舗あるけれど
組織としてはまだまだだなあ 
それはSVの力が足りないからだろう 
自分の未熟さを感じてしまう今日この頃だ
[PR]
by kenta824 | 2010-04-25 23:15 | SVの職務
一夜明けて
鮮魚SVをしているけんたろうです
商売にかかわる様々な方々と交流できたらと思います


ふるたさんからコメント頂いた
昨日のブログを書いた後 自分のブログとはいえ
あんなことを書いて 読む人はどう感じるだろうかと
思っていたので コメントを頂けて素直に嬉しい


昨日夜 お風呂でボーッと考えたら 割とスッキリしたので
良く眠れたし これからどうしようか整理できたので
今日はお店を4店舗回って GWの計画と 残り10日間の
商売について 具体的に詰めた

ちょっと改善すればすぐ持ち直すお店と
これは根本的にやり方を見直さないと というお店もあって
店を移動する車の中で考えていた

『こうなったら思い切って 単品異常値販売にチャレンジだ
 でないと相乗積は変わらない』

そんな思いで 一番の不振T店で 担当者と打ち合わせしていた



逆に 腕前の信頼できる店舗には敢えて


『残りの10日間 気合いで荒利益高を取りに行け!』


と 根性論で指示を出した 具体的な指示は一切出さなかった
そちらの方が 信頼できる彼らにとっては 絶対に効果があると
思ったからだ 10数年培った引き出しの中には
あの手この手があるハズだ

『気合いですか? 気合いって・・ 分かりました 気合いで取ります!』

そう答えた同い年のTは どんな気合いを見せてくれるか楽しみだ

 

具体的に こと細かく指示をだすお店 
私主導で大胆に売り方を変えるお店
敢えて突き放すお店 様々

しかしここに この仕事の楽しみがある 
やるのは人間だから同じようにやっていても結果が違う 
それが楽しくもありつらくもある
気持ちが入れば数字は大きく変わる 
気持ちが入る土壌が私のチームにあると信じたい 

根拠はないけれど 今日のミーティングで手応えを感じて
昨日はあんなに悩んでいたのに 今日は妙に自信が出てきた
今月残り10日間の商売 チームの真価が問われている
[PR]
by kenta824 | 2010-04-20 23:23 | SVの職務
SVミーティングから
鮮魚SVをしているけんたろうです
商売にかかわる様々な方々と交流できたらと思っています



今日も雪がチラホラ ああ いつになったら・・・

でも体調は少しずつ回復傾向 昨日も早めに寝たし
今日は午後から仕事を切り上げてゆっくりしていました
また来週から頑張らないと


昨日は鮮魚SVだけでミーティング
先日の方針会議を受けて 具体的にどうするかを話し合った
当たり前だけれど みんなちゃんと仕事しているんだなって思った
例えば『こういう問題があるんだけれど どうしたらいいだろうか』
という話には それぞれのSVが具体的にその原因を挙げて
それについてはこういう風に指示を出している などと答えていた
やりきれている地区 やりきれていない地区 いろいろあるけれど
情報共有しながら積み重ねれば もっとよくなるなあと感じた


当たり前のことだけれど 問題点があるとすると
例えば 
・商品化がレシピ通りにできていない
・◯◯の鮮度クレームが今週多く発生している
・ロスが多い

そこには必ず原因があって その原因が特定できないと
解決ができないがそれぞれみんな原因は分かっているようだった
例えば
ロットが多い とか レシピが分かりにくいとか 
そもそも教えていない とか  

それに対して具体的な対策を一個一個詰めて行った


本部でも 売上げが悪いから今週末はしっかり売上げをつくってくれって
指示がくることがあるけれど もう少し具体的に指示を出さないと
お店はどうしたらいいか分からないし
例えばロスが増えているからロスを減らせっていうのも 具体的に
どんなロスが増えているのか そのロスはどうして発生したのか?
どうすれば次は改善できるのか それを考えないといけない
意外と店じゃ解決できない場合が多かったりすることも・・・

売上げがよい週はおとがめなしで 売上げが悪い週は怒られてばかりより
やっぱり どうしてよかったか どうして悪かったのか
もっともっと具体的に把握しないといけないと思う
そう考えると『分析』とか『検証』って本当に大切だなあと感じる



もうひとつ感じるのは 特に青果と鮮魚は相場感というか
商売っけ というか 気温と相場に反応すること
これも磨いて行かないと食品スーパーとしては生き残れない
計画通りがすべて正しいワケじゃないから

SVとして難しいのは 度々でてきたけれど
現場のモチベーションをどうやって維持 あるいは
高めていくか

でも すべてはコツコツ積み重ねて行くしか
なんだろうなあ
とりあえず 話し合ったことは 具体的な行動に移して
次の地区販売会議 あるいはSVミーティングで報告をすることに
しました 上の人に報告するとさらに面倒になるのでSVのなかで
確実に進めて行こうかと


ということで相変わらず何を書いているか分からなくなったけれど
ミーティングから感じたことを書きました
[PR]
by kenta824 | 2010-04-17 22:12 | SVの職務
不振店のH主任
鮮魚SVをしているけんたろうです
商売にかかわる様々な方々と交流できたらと思っています



『けんたくんよ もうオレはダメだ 主任降ろしてくれよ』

『どうしたんですか?』

『うちのサブはさっぱり言うこと聞かねえし 仕事はしねえし
 発注もしねえ 在庫も見ねえ こんなことばっかりやってるから
 利益も取れないしよ 売上げも悪いし もうオレはやんたよ』

『まあまあ そう言わんと』


私の担当する14店舗のうち 半年の間に競合店がバタバタと出来て
もっとも売上げが落ちこんでいる店舗 そこの主任のモチベーションが
あがらない

『まあ 一つ一つやりましょうよ 一気には数字は回復しないし
 コツコツとやり続ければ結果は出ますって』

『だめだ オレは もう』

『まあまあ じゃあとりあえず来週の計画を詰めましょうよ』

『はあ まあ言われたことはやるけどさ』


話をしながら 売上げ対策と 利益対策をいろいろ詰めて行く
一息ごとにため息 またため息 

『けんたくんよ 言いたいことは分かるけどよ オレもやる気が
 ないわけじゃないんだけどうちの店じゃムリだって
 だってサブが使えねえんだもん サブを何とかしてくれよ
 じゃないとムリだって』

『気持ちは分かるけれど それは教育して行くしかないから
 パートナーさんと一緒に教育して行きましょうよ
 さて ここの下段ではどういう風に・・・ 平台は・・・』



ここのお店は全体的にこういう雰囲気だ もちろん主任たちだって
やる気がないわけじゃあない だけどモチベーションがなかなかあがらない
こういう時は 前年がどうのこうのとか 予算に対してとか
そういう数字で話をしてもラチがあかない

『じゃあ それでも売れている商品ってありますよね どれですか?』

『売れているって言う訳じゃないけれど これはボチボチだな』

『あるじゃないですか 売れている商品 それってもっともっと売れませんか?』

『やったことないけど売り込めば売れるんじゃないですか?』

『じゃあ それだけでいいから もっともっと売り込んでみますか!』



そんな話を1時間

『まあ 悪いところばっかり見てもしゃあないから 良いところを
 徹底的に伸ばしますか!』

『言われたことはまずやってみるよ』

『じゃあ 今週はそれで 1週間後に検証しましょうね』



そう言って店を出てきた

大丈夫! きっちりやればこのお店だって売上げ伸びますよ!

頑張りましょうね Hさん
[PR]
by kenta824 | 2010-04-12 22:38 | SVの職務
担当者の研修
鮮魚SVをしているけんたろうです
商売に関わる様々な方々と交流できたらと思っています


今日は鮮魚担当者(主任以外)の研修を行った
私が異動してきて とりあえず主任と話し込むことが
多かったが どうしても主任が不在の時に売場が荒れてしまう
から教育が必要だと思って始めることにした
今日はその第1弾
担当者といっても魚歴20数年のベテランから 
最近入ったばかりの担当者までさまざま 
話をしてピンとくる者 そうでない者
だからとりあえずどのレベルなのかを探りながらだった

まずは研修する店舗の近くのお店A店をみんなで見に行った
総勢20名ぐらい ゾロゾロとならないように 少しずつ
店内を見学させて頂いた
つぎに また別のお店B店も見て 研修店舗に戻った

『A店B店をみて どう感じたか 端の方から発表してくれ』

『はい A店はバラ売りとかの鮮度感を出すのが上手で全体的に鮮度が
 いいように感じました B店は売りたいもののフェースが広く
 取ってあって分かりやすかったです うちのみせも見習わないと
 いけないなあと思いました』

『A店はスーパーの魚屋さんというよりは昔からの魚屋さんに
 近いような感じで丸魚が豊富でした B店は6時間で管理していて
 いるからか 今の時間は品薄な感じがしました』

『A店は丸魚の鮮度がいいように感じました
 B店は正直いいとは思いませんでした』


などなど

意外と魚歴が長いのに 良くわかっていない担当者もいれば
最近入ったばかりなのによく分かっている者もいる
キャリアは長いのに伸び悩んでいる担当者はどうしたら
いいだろうかとも感じた 再教育は必要だろうなあ


相乗積について話をした時も同様だった

『相乗積がわかるっていう人 手をあげて!』
というと半分ぐらい

『相乗積っていう言葉を聞いたことがない人!』
これで1/4くらい まあしゃあねえなあ 
若い人も多いしなあ
でもきっちり教えればもっともっと利益が安定するように
なるかなあ

『じゃあ どうすれば相乗積があがるか
 説明できる人!』
1/4くらい


『これだけか しゃあねえ じゃあ教えるからな
 冷凍いかで相乗積を説明すると・・・・・』

特に2年目くらいの若いヤツラは真剣に聞いていた



一通り相乗積の説明が終わってみんな大体理解したようだが
その後から中堅の担当者から質問があった

『相乗積自体は分かっているのですが
 最近特売で価格を出していると 利益が薄くて売上げ構成比が
 高くなっちゃうじゃないですか そうすると例えば海藻とか
 利益が入る商品をコツコツ売ったぐらいじゃ利益の補填に
 ならないんですよ どうしたらいいんでしょうか?』

『だから言ったべ 売れて儲かる商品をもっともっと売りこむんだよ
 いいかい 例えば多段ケースの下段がこうだとすると・・・・
 平台がこうだとすると・・・・』

 
それを一つ一つ教えていった
分かった者 分からなかった者様々だろう
でも みんなに共通の話をする機会ができたのはよかった
これを機に 店舗巡回の際にもいろいろと教えていくことにしよう
次の主任 その次の主任を育てて行くのも私の大きな仕事だ



明朝は仙台市場に行ってきます
[PR]
by kenta824 | 2010-04-08 21:21 | SVの職務

by kenta824
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
最新のトラックバック
いっk
from けんたのスーパーマーケット日記
桃屋 辛そうで辛くない少..
from 今日の報道特集サイト
カテゴリ
フォロー中のブログ
リンク集
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧